企業の業務の中では振り込み、残高照会など、銀行での手続きが頻繁に発生します。特に窓口が混みあう月末の手続きが多く、手間を感じている経理部門の方が多いのではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのが、企業と銀行をインターネットでつなぐ「FB(ファームバンキング)」の利用です。こちらでは「FB」の概要や、給与振込、経費の払い戻しなどで利用できる「FBデータ」についてお話しします。

企業と銀行をつなぐFB(ファームバンキング)

企業は社員への給与振込、取引先への支払いなどで頻繁に金融取引を行います。こうした手続きを効率的に行うために利用されているのが「FB(ファームバンキング)」という仕組みです。以下では、このFBの概要についてくわしくお話しします。

FB(ファームバンキング)とは

FB(ファームバンキング)は、企業から銀行のシステムにアクセスする方法です。主に、法人向けのサービスとして提供されています。1980年代に登場し、従来は店頭に出向かなければできなかった手続きを遠隔でできる方法として注目を集め、現在も利用され続けています。

登場した当初は、企業と銀行をつなぐ回線として専用のISDN回線が使用されていました。1990年代に入りインターネットが一般化すると、インターネット経由による「インターネットバンキング」が普及し始めます。当時は、FBとインターネットバンキングを区別する見方が一般的でした。

現在は、専用の回線ではなくインターネットを利用する方式が主流です。FBとインターネットバンキングを総称して「EB(Electronic Banking)」と呼ぶこともあります。また、一般的なインターネットバンキングを指して「FB」と呼ぶこともあり、両者の境界線はあいまいです。

利用する側はFBとインターネットバンキングの違いを意識する必要はほとんどありません。本記事でも、FBを「企業が利用するインターネットバンキング」として取り扱います。

FBでできること

FBでは以下のようなことができます。いずれも銀行の店頭に出向く必要はありません。

・振り込み
指定口座への振り込みが即座に行えます。一度振り込んだ口座や頻繁に取引がある口座を登録しておくことで、同じ口座に何度も振り込む場合の作業などが容易になります。銀行によっては、振込手数料が店頭より安い場合もあります。

多くのFBサービスにおいて、振り込みの手続き自体は24時間可能です。しかし、土日に振込手続を行った場合、振込先への反映が翌営業日まで遅れる可能性があります。期限が設けられた振り込みの場合は注意が必要です。

・残高照会
FBを利用すれば、店頭に出向くことなく口座の残高照会も行えます。一定期間内の入出金明細をWeb上で確認可能です。また、利用サービスによっては明細をCSV形式でダウンロードすることもできます。

・資金移動
複数の口座を持っている場合は、FBを利用して口座間の資金移動をすることもできます。普通預金口座や定期預金口座の開設をWeb上で完結できるサービスも少なくありません。

FBデータとは

FBを利用すると給与振込の際にも銀行に出向く必要がなくなりますが、従業員数が多い場合、FBを利用したとしても振り込みには膨大な時間が発生します。手作業で入力する場合、ミスが起こる可能性も否定できません。

こうした振込作業を大幅に効率化するために「FBデータ」が活用されています。「FBデータ」とは複数の振込情報がまとめられたテキストファイルです。銀行側のFBシステムにアップロードすると、ファイルの内容に沿って振り込みが行われます。

全国銀行協会連合会が共通のフォーマットを作成しているため、利用者側が銀行に応じてファイルを調整する必要はありません。給与振込のほか、経費の払い戻しにも利用されています。

通常、FBデータを利用するためにはFBデータに対応している契約を銀行との間で結ぶ必要があります。また、FBデータでの振り込みが口座に反映されるまでには銀行ごとに設定された時間を要するため、給与のように支払日が明確に設定されている振り込みでは注意が必要です。

経費精算システムはFBデータを作成可能

経費精算システムの中には、経費申請の内容に応じてFBデータが自動生成されるものもあります。経費精算システム単体でも経費処理を大幅に効率化できますが、FBを利用している場合はFBデータを作成すると払い戻しまでWeb上で完結できるためさらに便利です。申請される経費の件数が多い場合や払い戻し対象の社員が多い場合は、FBデータの作成に対応している経費精算システムの導入をおすすめします。

インターネットバンキングは一般の方にも広く普及しています。金融取引が多い企業の場合、FBを導入するメリットは個人よりも大きいでしょう。FBデータによって給与支払、経費の払い戻しを一括で行える点は、特に大きなメリットです。対応している経費精算システムを導入している場合は、FBデータによる一括振込をぜひご利用ください。